今日もお散歩日和

nikkorin.exblog.jp
ブログトップ
2013年 05月 05日

よかったこと、残念だったこと。

e0057916_23104179.jpg

ルミックスTZ5(いわゆる、きみまろずーむ)

ゴールデンウィーク、いかがお過ごしでしょうか。
世間様は、10連休もあるそうな。
ぼくはしがない自営業者でありますから、カレンダー通り、休日休み返上でお仕事しています。
有給、ボーナス、うらやましい。
ぼくの場合、仕事を休みにしてもスタッフに支払う給料が出てしまいますから大変です。

さてさて、そんな泣き言を言ってもしょうがありません。
せっかくの連休です。ちょっとお出かけです。

小金井公園内にある江戸東京たてもの園に行ってきました。
以前からと~~~っても行きたかったのですが、なかなか行くことができず。
今回、念願が叶ったわけです。

ゴールデンウィーク、しかもこどもの日ということもあって、園内は大混雑でした。
しかし、たくさんの人たちがいるおかげで展示されている建物は、まるで今でも町の中に存在しているかのようで不思議な感じがしました。

歴史好き、古い物好きのぼくが一番の目的にしていたのは、高橋是清邸です。
そう、あの2.26事件。
「お嬢さん、危ないから家に入っていなさい。」
亡くなった親戚のおばあさん(明治生まれ)が、2.26事件当日兵隊に言われて怖かったと聞いています。

ちょうど是清邸を訪ねたとき、偶然にも高橋是清さんのご子孫あたる親族の方がいらしていて、当時の貴重なお話の一端を聞くことができたことは、大変貴重な経験になりました。

しかし、残念なこともありました。

親族のおひとり、年配のご婦人が階段で小さな手荷物を落とされました。
全く気づいていないようでしたので、僕が拾って差し上げ「落としましたよ。」と声をかけました。
するとそのご婦人は怪訝そうな顔をして、僕が手渡した荷物をパッと取り上げると、何も言わずに階段を上がって行かれました。

「ありがとう。」そう、ひとことあって然るべき状況でした。

家柄も血筋もよく、お金があったとしても、人として取るべき態度ができないというのはどうなんでしょうか。
ちょっとしたことかもしれませんが、その人柄が見えた気がしました。
たいへんがっかりし、残念に思いました。

まぁ、そんなこともありましたが、江戸東京たてもの園は大変有意義で価値のある場所には変わりなく、今度は空いているときにゆっくり写真を撮りながら回ってみたいものです。
[PR]

by redbadgee | 2013-05-05 23:00 | 雑談


<< 第14回タイフェスティバル20...      カメラライフ(CL)vol.1... >>