今日もお散歩日和

nikkorin.exblog.jp
ブログトップ
2012年 11月 03日

fed28mm f4.5

e0057916_22394273.jpg

以前から欲しくて欲しくてしょうがなかったfed28mm f4.5です。
意外と流通している玉数が少なくて、状態の良いものはさらに少ない。
そして、と~~っても高い、、、、、。

状態がいいと8万円を超えてきます。

ということで、なかなか購入することができずにいましたが、ebayで出物があり落札しました。

はるばるアメリカから海を越えて日本にやってきました。
送料込みで21000円ほどでしたので、市価の約3分の1くらいで手にすることができました。

お決まりの『安いものには理由がある』ということで、到着したレンズは外観こそきれいなもののレンズには水滴のような汚れがついていて撮影に耐えうる状態ではありません。

しょうがないので自分で分解清掃することにしました。

インターネットを調べてみても、分解しているような情報がありません。
そこで、分解を順番に掲載します。

いつものことながら自己責任でお願いしたいということ。
壊しても僕は責任を取れませんので、よろしくね。

今回掲載する手順、実は組み立てながらデジカメで撮影したものなので若干手順が前後している場合があるかもしれません。

その辺は要領よくバラス(or組み立てる)してください。

e0057916_22401074.jpg

まずは、ひっくり返して。
金色の距離計連動リング、内側の押さえ環を緩めて外します。

ここで早速注意です。

僕は初めて分解したので、とりあえず、どれを外していいのかわからずにばらしちゃいましたが、距離計連動リングを外すと組み立てるときにカメラ距離計との連動位置を合わせるのがとても面倒です。

外すときには目安になるように罫書きを入れてください。
僕は距離計連動リングが外れるとも思わないでいきなり緩めちゃったので、組み立てるときに面倒でした。
距離計との連動を合わせるのに15分くらいかかりました。

うまくすると、この連動リングははずす必要ない、はずさなくてもできるかもしれません。注意してくださいね。

e0057916_22403684.jpg

外れた距離計連動リングと押さえ環。
e0057916_22411075.jpg

外した後はこんな感じ。
次に、内側のカニ目を緩めると後ろ玉が外れます。
e0057916_22414033.jpg

e0057916_22422284.jpg

では、表に戻します。
ピントリングを制限しているストッパーネジをはずします。
e0057916_22424860.jpg

はずしたところ。
e0057916_22431758.jpg

距離表示板をくるくる回して外します。
外れたら、ストッパーの下部、スクリュー中央に空いている穴にイモネジがありますから緩めて外します。
写真ほぼ中央の穴の中です。

追記:2本目のfedは、このネジを緩める必要はありませんでした。
    この段階でこのネジを緩めなくても大丈夫そうです。

e0057916_22433917.jpg

次に、ストッパー内側にあるネジを緩めて外します。

追記:このネジははずさなくて大丈夫です。

e0057916_2244236.jpg

裏返して、カニ目押さえリングを外します。
e0057916_22442217.jpg

表に戻って、銘鈑リングを押さえているイモネジをはずします。
e0057916_22444510.jpg

イモネジをはずしたら、銘鈑リングをくるくる回して外します。
この銘鈑は、とてもきつくはまっていて、簡単に回りません。
ベンジンを流して、根気よくチャレンジしてください。

すると、絞りリングと中身が一緒に抜けます。

絞りリングを止めているネジ(ちょうど写真中央に写っている銀色のネジ)をはずします。
反対側にも1本同じネジがあるので、そちらもはずします。
e0057916_22451048.jpg

前玉と絞り羽のユニットが表れました。
さてここで問題が起きました。

写真をよ~~く見ると、上部に厚みの薄いリングがねじ込まれていて、レンズが固定されています。
ところがこのリング、カニ目がないのです。

すっかり固着してしまっていて、はずれません。

これには困りました。僕の職業技術を生かしてカニ目をリングに加工しようかと思いましたが、困ったときには田口先生に相談です。
すると、『俺だったアセトンで攻めてみるね。』とのこと。

それではがんばってみますと、アセトンをリングの境目に少しずつながして固着したリングが緩むのを待ちます。
30分ほどでしょうか?アセトンを流してはゴムでリングを回してみます。
すると、スッとリングが緩みました。

さすが田口先生。的確な指示でした。
e0057916_22453267.jpg


e0057916_22455664.jpg

はずした前玉部分の裏側。
e0057916_22461798.jpg

はずれた状態。
e0057916_22463710.jpg

はずした前玉部分は、さらにもう一度カニ目を回すと二つに分離します。

これでやっと思う存分前玉を掃除できます。強くゴシゴシしてレンズに傷をつけないように。
優しくお願いしますね。

組立は逆の手順でOKです。

デジカメに付けて試写したところ、期待通りの劇的な周辺光量落ち。
う~~ん、試写が楽しみです。

ほかのfed28mmレンズはどうかわかりませんが、僕のこのレンズ、カメラにセットしたときにストッパーが11時の位置まで回ってしまいます。したがって、ライカM型には装着が難しいです。バルナック型カメラだとストッパー位置が上に来ても大丈夫です。
[PR]

by redbadgee | 2012-11-03 23:47 | カメラ


<< やってしまいました。      ペンD終了 >>