今日もお散歩日和

nikkorin.exblog.jp
ブログトップ
2012年 02月 15日

恐ろしや、放射能レンズ。

エステーから2月3日に発売された簡易放射能測定器。
身近な放射線を測ってみようと購入しました。
e0057916_0373374.jpg

e0057916_0374818.jpg

一番の目的は、放射能レンズ。

ご存じない方のために、以下解説。

1950年代に入って、高性能のレンズを作るためにガラスにトリウムという放射性物質を混合していた時期がある。この方法は高い屈折率を得るために大変有効で、実際トリウムを混ぜた初期のズミクロンは、そうでないズミクロンに比して解像力や色収差において優れているという報告もされている。
ライツに追随して、コダックのエクターなどにもトリウムが添加されたが、日本の有名メーカーがこれを採り入れた 時代は意外に長かった。ライツが1952年には酸化ランタンを採用してトリウムの使用をやめたのに、日本では1970年代半ばまでこれを混合したレンズを製造していたという。

http://homepage1.nifty.com/nekocame/camera/atomlens.htmより参照

というわけで、僕の部屋の山積みになっているレンズ山・カメラ山を距離1mで計測してみると、、、、
な~~~んと0.2μSv/​h出てます。
結構高い線量です。

では試しにと、転がっているレンズを測ってみました。
e0057916_0435978.jpg

知る人ぞ知る、素晴らしい描写と有名なレンズ。
カビだらけなのでOHしようと転がしといたもの。

測ってみると、、、、、
e0057916_0451358.jpg

メーター振り切れ、警告音なりっぱなし、、、、。
ひぇ~~~。
こんなのがごろごろ転がってたなんて、、、、、絶句。

順次、計測しまして高線量放射能レンズ類は段ボールにまとめてベランダ隔離します。

話には聞いていましたが、ここまで線量が高いとは思ってもみませんでした。


人気blogランキングへ
[PR]

by redbadgee | 2012-02-15 00:47 | 雑談


<< たね蒔きジャーナル      ニコンF100 >>