2006年 08月 11日

OM-1のプリズム交換

僕が良く見る“トンボの〇〇さん”で有名なホームページに菊池先生が登場していてびっくり。秦達夫先生の写真展オープニングパーティーの模様で、秦達夫先生とゴミゼロポーズを決めていた(笑)。
秦辰夫先生には以前、志賀高原の撮影会の際にご指導いただいた。秦先生は行動派で生徒よりも自分がバシバシ写真を撮影していて、根っからの写真好きなんだなぁとその時は思いました(笑)。
プロカメラマンの世界は狭いんですねぇ。どこで誰がつながっているんだか不思議です。
それにしても菊池先生はゴミゼロポーズって知ってるのかなぁ(笑)。

追伸:“トンボの〇〇さん”ホームページは、『リンク・紹介ご遠慮ください、、、』ということですのでこのページに掲載できません。あしからず。


今日は、プリズム腐食で有名なオリンパスOM-1のプリズム交換の様子をご紹介します。
e0057916_13405538.jpg

このカメラがオリンパスOM-1です。小型・軽量でメカニカルシャッターのため根強い人気があります。
e0057916_134284.jpg

ファインダーをのぞくとこんな感じ。下3分の一に見られるモヤモヤしたのが腐食の後です。実はもっと黒く見えるはずなのですが、このファインダーは透き通って見えます。これには理由がありまして、あとで理由がわかります。
e0057916_13434938.jpg

プリズムを交換するには、きれいなプリズムが必要です。どこから調達するかというとオリンパスOM10のプリズムを流用します。
上記写真は、プリズムを分解したOM10(左)と分解していないOM10(右)です。
OM10のプリズムはOM-1と同じ形状をしています。しかもOM10プリズムはプラスチックカバーで覆われて固定されているので腐食の発生がまずありません。
ちなみにOM-1のプリズムはプリズムを押さえるために使われているモルトや糊が分解しプリズムを腐食してしまうことが原因です。
e0057916_1348410.jpg

OM-1の天蓋をはずしたところです。
どうも素人さんが素人修理をしたようで腐ったモルトはきれいに除去されていましたが、プリズム押さえと配線の絶縁に絆創膏のようなものを使っているので、糊がとけてべたべたです。通常のテープは酸化したり分解してべたべたになりますので、中性テープを用いなければなりません。
そこで僕が使うのがパーマセルテープです。パーマセルテープは中性紙・糊も中性。熱に強く絶縁にも使われるとか。
e0057916_14112897.jpg

e0057916_141145100.jpg

OM-1のプリズムをはずすとこんな感じ。
e0057916_14122730.jpg

e0057916_14123830.jpg

左が傷んだOM-1プリズム
右がきれいなOM10プリズム
こうして並べてみてもコンディションの違いが一目瞭然です。
e0057916_14135434.jpg

交換・装着が済んだOM-1のファインダーです。
フォ-カシングスクリーンの汚れが目立ちますが、プリズムの傷は全くなくきれいになりました。
まぁ、新品同様のプリズムと交換しているんですからきれいになって当たり前ですけどね。

プリズムの交換・清掃はとても簡単です。外して入れるだけですので、挑戦してくださいね。
ただし、あくまでも自己責任でお願いします。パーマセルテープの使用などそれで不具合が起きても責任は取れませんのであしからず。

人気blogランキングへ
[PR]

by redbadgee | 2006-08-11 14:17 | Comments(8)
Commented by なっ at 2008-06-11 20:27 x
巻き上げレバーの飾りネジがまったく硬くてカニ目でもはずれないのですが、誰かよい方法を教えて欲しいです。お願いします。
Commented by redbadgee at 2008-06-12 00:34
“なっ”さん、コメントありがとうございます。
最新記事に僕のやり方を記載しました。
参考になるかわかりませんが、ご一読いただければ幸いです。
http://nikkorin.exblog.jp/
Commented by なっ at 2008-06-17 20:00 x
ありがとうございます。

さっそくラジオペンチを加工した方法で試しましたが、
ビクともしませんでした。これはどうしたことでしょうか?
カチカチで本当に少しも動きません。

なにか手が加えられているのでしょうか。。。
Commented by redbadgee at 2008-06-20 16:23
なっさん、こんにちは。
あら~、それでもあきませんか。どうしたものでしょうか。
反時計回り(左回り)にまわしているでしょうか。
あとは、前所有者がボンドで止めたとか、、、、、。
いずれにせよ、お手上げです。
Commented by とおりすがった人 at 2008-09-29 17:00 x
飾りネジが外れない件,うちのも苦労しました。でも,なんとかはずせましたので,その方法を...
1.黒いプレートは接着してあるだけなので,溶剤などを使いはずす。
2.カニ目には力をかけにくく,はずしにくい。そこで,六角ボルトの頭を金属用接着剤:強力エポキシで飾りネジに貼り付ける。事前に脱脂などしておくと吉。
3.完全に固化したところを,スパナでまわす。これでいちころです。
4.飾りネジとボルトは,加熱(煮沸)などすると剥がれます。
お試しあれ。
Commented by redbadgee at 2008-09-30 10:38
とおりすがった人さん、こんにちは。
これならガッチリ外れそうです。貴重な情報ありがとうございました。
Commented by カメオ at 2014-03-29 17:50 x
昔OM20を使っていました。一桁シリーズはOM-2SPとOM-4でした。OM-1は中止上で根強い人気があるようですが、自分で中身を開けるのは怖いです。
見てるだけで十分に楽しいです。
Commented by redbadgee at 2014-03-30 11:42
カメオさん、こんにちは。こめんとありがとうございます。
僕が初めて使った一眼レフがオリンパスOM30でした。以来、オリンパスフィルム一眼のファンです。
いまでもオリンパスがフィルムカメラから撤退したことをとても残念に思います。
OM-1はシャッターの切れる感触が柔らかだしコンパクト、メカニカルなので長く使えることが人気の秘密なのかなぁと思います。
プリズムの腐食が唯一の欠点ですね~。
OM-1のプリズム交換などでOM10を触る機会がOM-1と同じだけあるのですが、OM10とても丈夫で壊れている個体がとても少ない。
OM-1と同じプリズムを使っていて絞り優先オートもマニュアル操作も(マニュアルアダプター必要ですが)できますから、正直なところOM10のほうが使いやすくて良い気がします。


<< 《ひとりごと》      日が落ちる頃 >>