今日もお散歩日和

nikkorin.exblog.jp
ブログトップ
2013年 04月 14日

シャッター膜再生

細かく手順を踏んで掲載しようと思ったんですが、これがですね、想像以上に難しい。
ベースになる基本的な考え方がきちんと構築されていないと、ただ見よう見まねで組み立ててもダメなんですよ。
で、掲載が難しいのです。

まぁ、忘備録という意味もあり、見てくださる方のヒントになればと思って記載しておきます。

分解時、リボンを外さないようにできれば作業は楽。できればリボンはドラムからはがさないほうがよい。

①先幕から取り付ける。
②リボンからつける(仮着)
③竿が直角になるように。

④後幕を付ける
⑤リボンからつける(仮着)
⑥バルブでシャッターを切った時に、竿が罫書きの位置にくる。

⑦先幕のリボンを調整して後幕との重なりを調整する。

⑧後幕のテンションは、スローガバナーが1秒になるテンション。これを基準として先幕のテンションを決める。
⑨スリット幅は先幕と後幕の重なりで決まる。

マウント側が後幕テンション
フィルム側が先幕テンション

e0057916_20551096.jpg


e0057916_20552480.jpg

[PR]

by redbadgee | 2013-04-14 20:55 | キャノン4sb


<< 中古カメラGETをゲット      旧横須賀海軍鎮守府長官官舎~軍艦三笠 >>